PEACH JOHN APOTHECARY お悩み処方箋 -バスト(ケア)編-PEACH JOHN APOTHECARY お悩み処方箋 -バスト(ケア)編-
PEACH JOHNのブラジャーで叶う
お悩み解決策をお届け。
アンケートでもっとも多かった
7つの疑問に答えます!

vol.2 BUST-brassiere- バスト(補整)編

teacher:中村ひろ美(mamma spa)
バスト美容家。乳がんヨガインストラクター。5000人以上の女性の心身とバストのお悩みを解決。また自身が経験した女性特有の不調にバストケアがあたえる変化を強く感じたことから、バストケアに特化したサロン「mamma spa」を立ち上げ、バストケアの普及に取り組む。専門はバストケアと女性ホルモン。

teacher:エディターM
雑誌・書籍の編集を経て、PEACH JOHNへ。バストケア、ヒップケア、デリケートゾーンケアなどを中心に取材や編集を行う。

重力に逆らえない…手軽になんとかできないものでしょうか…
(37歳・パナップさん)

下がってきてしまったバストにはデコルテ部分を補整するブラがおすすめ。リフトアップ構造で上向きバストに。

デコルタンシリーズ

MORE DETAIL

バルコネットノンワイヤーブラ

MORE DETAIL

エイジングケアが気になります。脇肉がすごいので、胸のボリュームは出さずになんとかしたいと考えています。(31歳・ヒロさん)

脇肉はバストのエイジングサインの1つ。サイドベルト上辺にゴムのないものを選ぶと脇肉に食い込みにくくおすすめです。

ミラクルヌーディ(R)ブラ

SALON by PEACHJOHN
リュクスレースフルストラップレス

胸をボリュームアップして、脇肉を隠したい派には...
はみ肉グイ寄せシリーズ

30代になりブラの締め付けの窮屈さに苦痛を感じるようになりました。ブラ選びに迷走中です。(31歳・middleさん)

着心地の良さとフィット感を重視したブラ選びで締めつけとさようなら!乱れていないかまずはチェック。

ミラクルブラシリーズ

グニャグニャ曲がる「グミワイヤー」が体の動きに合わせてフレキシブルにフィット。長時間着けても痛くなりにくい。

ドリームブラ

ワイヤーをクッションパッドでくるむことで、アタリの痛さや着け疲れを解消する「ふわふわクッションワイヤー」でふんわり柔らかな着け心地。

バストを寄せて入れても、その時だけで動いたらずれて、ブラとバストに空間ができてしまい、ブラのホックやベルト調整もしていますが、うまくいきません。元々バストが離れているわたしでも寄せられて、動いてもバストとブラの空間があかない方法を教えてください。
(27歳・クロちゃん)

アンダーのサイズが合っていない可能性が高いので測り直しを!正しいサイズとフィッティングがずれや浮きを解決してくれます。

復習!正しいつけ方

おすすめのブラは?

サイドベルトの幅が広いブラならずれにくく、
動いてもOK!

いわゆる貧乳ですが、ガリガリなので脇にも背中にも集めるだけのお肉がなく、矯正下着をつかってもすぐに逃げてしまいます。どんなブラがおすすめですか?(29歳・きゃんべるさん)

真横からプッシュする大きなパッドやふかふかで分厚い底上げパッドで、ぐいぐい集めて押し上げ、ボリュームアップ。乱れていないかまずはチェック。

マキシマムメイカーシリーズ

MORE DETAIL

ボムバストシリーズ

MORE DETAIL

Fカップですが小さく見せるコツを知りたいです。服もきれいに見えません。(32歳・えりさん)

ボリュームを抑えてコンパクトに見せるグランディーナミニマイザーや、ボリュームを足さないブラレットなどを選んで。高さを出さないという意味ではニップレスという選択肢も。

グランディーナ ミニマイザーシリーズ

ブラキャミ・ニップレス

ブラジャーをつけて寝るのは正しい?間違い?

就寝の際にブラジャーをつけないで寝て長いのですが、最近ブラをしていないと形崩れや垂れるから早くしたほうがよい、という話を聞きます。しかし、乳がんを患った友人からは、ブラはがんの原因になりやすいから、できればしないほうがいいよ、という助言ももらいました。乳がんは、最近日本女性に増えているため、怖いと思いつつ、ついつい、ブラをしないで寝てしまうのですが、実際にはどうなんでしょうか。形崩れや垂れるのもいやですが、がんはもっと怖いです。もし、ブラをして眠るほうが良いのであれば、どういったブラを選ぶと良いのでしょうか。女性にとっての複雑な問題のひとつだと思われます。お話を伺えればと思います。よろしくお願いします。(35歳・ブロッサムさん)

乳がん発症の直接的な原因かどうかは究明されていません。ただし通常のブラジャーでの就寝は血行不良を招くのでご法度。締め付けや摩擦が起こりにくい寝る時用ブラがおすすめです。

寝る時用ブラを選ぶ際のポイントは?

ナイトブラの機能


「睡眠は身体を修復する時間」

N:乳がん=下着のせいと直接結びつくものではありません。ただ予防意識が高まって「ブラジャーの締め付けが良くない」とか「締め付けているとがんになりやすい」というイメージになってしまいやすいんです。

M:気持ちの問題ってすごく大きいと思いますし、「乳がんになっちゃうかもー」と思うならしない方がいいのかも。

N:ただ、形の崩れや垂れが気になるのであれば、ナイトブラは必要。仮に毎晩つけていなかったとしても、みんながみんな形が崩れて垂れてしまうかというと、日中ブラをしてないほうがよっぽど、バストに負荷がかかってしまいます。日中しっかりバストメイクして、夜はしないほうが身体的にはいい。

M:今って、ワイヤー入りのブラを敬遠する人もいる時代。おっぱいをきちんと支えないと、離れ胸や垂れ胸を招いてしまうなーと日々実感しています。他の部位の凝りにどうしても引っ張られてしまいますし…。

N日中もバストメイクしない、夜もサポートしないっていうと、どうしても形の崩れや垂れにつながってきてしまいます。わたしが推奨しているのは「日中しっかりバストメイクをするならば、夜は解放する。日中そんなにサポートしなかったなら、夜はしっかりサポートする」ということ。

M:たまに「絶対形を崩したくない」と言って、谷間ブラや寄せブラをつけて寝るっていうツワモノもいますよね。栄養が行き届かないことや、ワイヤーやボーン、ホックやアジャスターなど睡眠時のストレスが気になります。

N:ナイト系のものでも、ノンワイヤー系のものでも、締め付けや血行不良、摩擦による睡眠時のストレスが考慮された設計で、寝返りで揺れ動くバストをサポートしてくれるブラがおすすめ。睡眠は身体を修復する時間。心地良さを追求して選ぶといいと思います!

illustration Yuriko Oyama