下着と洋服のお手入れ講座

  • お手入れ方法の確認お手入れ方法の確認
  • ランジェリーのお手入れランジェリーのお手入れ
  • 素材ごとのお手入れ素材ごとのお手入れ
  • 靴のお手入れ靴のお手入れ

お手入れ方法の確認

まずは、衣料の内側などについている「取り扱い絵表示」を、
お洗濯の前に必ずチェックしましょう。

海外表示
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
  • 液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
  • 液温は40℃を限度とし、手洗いができる
  • 家庭での洗濯禁止
  • 塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる
  • 酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止
  • 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
  • タンブル乾燥禁止
  • 日陰のつり干しがよい
  • 日陰の平干しがよい
  • 底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
  • 底面温度110℃を限度としてアイロン仕上げができる
  • アイロン仕上げ禁止
  • パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
  • 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
  • ドライクリーニング禁止
  • 弱い操作によるウエットクリーニングができる
  • ウエットクリーニング禁止
中性洗剤使用
洗濯の際、中性洗剤を使用してください。
洗濯ネット使用
洗濯の際、洗濯ネットを使用してください。
あて布使用
アイロンの際、あて布をしてください。
絞り弱く
弱く絞ってください。
絞り禁止
型崩れするので、絞らないでください。
日本表示
  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい
  • 液温は30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗いがよい
  • 液温は30℃を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)
  • 水洗いはできない
  • 塩素系漂白剤による漂白ができる
  • 塩素系漂白剤による漂白はできない
  • アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140から160℃まで)でかけるのがよい。あて布を使用してください
  • アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80から120℃まで)でかけるのがよい。あて布を使用してください
  • アイロン掛けはできない
  • ドライクリーニングができる。溶剤はパークロロエチレン又は石油系のものを使用する
  • ドライクリーニングができる
    溶剤は石油系のものを使用する
  • ドライクリーニングはできない
  • 手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は短時間で絞るのがよい
  • 絞ってはいけない
  • 日陰のつり干しがよい
  • 日陰の平干しがよい
その他のご注意
  • ■シフォン素材、スパンコール、刺繍、スタッズ、ビーズが付いている商品は特に取り扱いに注意してください(デリケートな商品のため)。
  • ■濃色の商品は、薄い色といっしょに洗濯しないでください。また、ぬれたまま放置しないでください。色移りの原因になります。
  • ■塩素系の漂白剤は変色や黄変の原因となることがあるので、避けましょう。
  • ■きれいに長くお使いいただくためには、着用のたびにお洗濯をし、十分に乾燥させることがポイントです。汗や皮脂は生地にダメージをあたえますので、着用したその日に洗濯することをおすすめします。
  • ■濃色の商品を薄い色と合わせて着用した場合、摩擦や湿気により色移りすることがあります。

ランジェリーのお手入れ

レースや細かいパーツでできている下着はとってもデリケート。
正しいお手入れ方法を身につけることが大切です。

素材ごとのお手入れ

デリケートな素材もお手入れのコツさえつかめば大丈夫!
取扱い絵表示の確認も忘れずにしましょう。

シルク
  • ・着用時は摩擦による毛羽立ちや変色、ベルトやバッグの引っ掛かりに注意!過度な力で縫い目が開いてしまうことがあります。
  • ・水分・湿気に弱く、雨に濡れると輪染みが発生することがあります。
  • ・着用後は風通しのよい日陰に干しましょう。汗やシミが付いたまま放置すると、黄ばみや変色の原因になります。汚れが気になる場合は、ドライクリーニングでのお手入れを。
  • ・収納は直射日光や蛍光灯の当たる場所を避け、通気性のよいところに保管しましょう。
  • ・汗やシミがついたままの放置は黄ばみや変色の原因になります。着用後は中性洗剤で軽く押し洗いをしましょう。摩擦に弱いので揉み洗いはNG。洗濯機を使用する場合は、必ずネットに入れて「手洗いコース」。
  • ・収納は温度・湿度が低く、通気性のよい、光の当たらないところに保管しましょう。
  • ・毎日の連続着用は毛玉の原因になるので避けましょう。
  • ・水洗いは、縮みや型くずれを起こしやすいので、ドライクリーニングがおすすめです。(ウォッシャブル加工製品は、水洗い可)
  • ・収納は湿度の低い晴れの日にしっかり乾かしてから、防虫剤を入れて保管しましょう。
  • ・着用時は摩擦や汗や雨などによる色落ちに注意。また、長時間光にさらすと変色の原因になります。
  • ・着用後は乾いた柔らかい布で、小まめに全体的な汚れを落としましょう。
  • ・収納は温度・湿度が低く通気性のよい光の当たらないところに保管しましょう。
着用によってできたシワが気になる場合は?
  • つるしたまま少し離してスチームをかける。
  • 湿気の残ったお風呂場につるす。シワがとれたら、湿気を飛ばすことも忘れずに!

靴のお手入れ

より安全で快適にご使用いただくために、以下の内容を必ずお守りください。

  • 雨や雪の日は滑りやすく非常に危険です。十分に注意してご使用ください。
  • 天然素材や起毛素材、布を使用している製品は、汗や雨、摩擦等により色落ちや色移りする場合があります。十分にご注意ください。
  • 靴を履くときは、かかとを潰さずに、靴ベラを使って正しくお履きください。脱げやすくなり、転んで怪我をすることがありますので、ご注意ください。
  • 装飾性の高い付属品・パーツを使用している製品は、周囲の物との摩擦や引っ掛かりにより破損する恐れがありますので、十分にご注意ください。
  • ヒールの高い靴は、強い衝撃を受けると損傷したり、足元が不安定なので転んで怪我をすることがあります。十分に注意してご使用ください。
  • ポリウレタン底は経年変化による破損が生じることがあります。特に長期保管した後は、よく確認してからご使用ください。
  • 用途や路面等の状況に適していない靴は、本来の機能が発揮できず怪我をすることがありますので、TPOに合わせて履き分けてください。
  • クレープ底(生ゴム底)は熱や湿気など、環境により変化をおこす場合がありますので、よく確認してからご使用ください。
  • 靴を選ぶときは、自分の足に合う無理のないサイズをお選びください。足に合わない靴は健康を損なう原因になります。
  • お手入れのときは、素材に合ったクリーナーやクリーム等を使用して汚れを落とし、通気性の良いところで保管してください。
  • カユミ・カブレを感じたら、直ちに使用をおやめください。靴擦れが出来た場合も同様です。そのまま履き続けると症状が悪化することがあります。
  • 1日履いたら1日休ませてあげましょう。 湿気をよく乾かすことで型崩れを防ぎ、 長持ちにもつながります。
かかと(ヒールのゴム)が減ってきたら、早めに取り替えましょう。そのままにしていると、ヒール自体が減って修理の負担が大きくなるばかりか、芯の金属が出て滑りやすくなり、怪我につながる恐れがありますので、十分にご注意ください。