田中みな実🍑PEACH JOHN田中みな実🍑PEACH JOHN

ピーチ・ジョンは、自分らしい美しさや生き方を求めて
努力を重ねる姿が多くの共感を集める
田中みな実さんをミューズに、
ハッピィでポジティブなメッセージを発信していきます。
ランジェリーを通じて、自分のカラダをもっと好きになりましょう。

田中みな実監修ガードル誕生。詳しくはこちら

Spring Look

自分のバストに満足していますか? ぷるふわ育乳補整ブラ自分のバストに満足していますか? ぷるふわ育乳補整ブラ

PEACH JOHNの育乳補整とは、<バストを支える土台・バスト周りの
お肉を面で集めるバストメイク・ブラの正しい着用>の3つの着用補整
によるバストメイクです。(育乳補整は下着の着用補整による効果)

Check all items
backnumber 2021 springlook backnumber 2021 summerlook

Special Movie

Special Interview

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.30 磨けば光るポテンシャルは
誰もが持っている

何かを始めるときは、最初からあれこれ手を付けるのではなく何かひとつに絞ると無理なく続けられそうです。たとえば、まつ毛美容液で毎日ケアをして美まつ毛を目指してみるとか。自分にとって最愛のパーツになれば、アイメイクがもっと楽しくなって、メイクが前よりずっと好きになりそう。ある程度継続してみて(最低でも2週間)思うように結果が出なければ、わたしなら別のやり方や、新たに磨きたいパーツを探すかな。結果がでないとモチベーションはあがらないもの。
コンプレックスにアプローチする他に、褒められた箇所を伸ばすという発想も素敵だと思います。髪の毛がキレイだね、とか眉毛の形がいいねとか、膝小僧がきれいだねとか(笑)。自分では思いもよらない箇所を誰かに「いい」って言ってもらえるのってなんだか嬉しい発見ですよね。
わたしも、誰かのいいところを見つけたら、それを積極的に言葉で伝えてみようと思います!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.29 「キレイ」は連鎖していく

自分磨きをしたい!けど、何から始めたらいいのか分からないというあなたは、是非一度「ぷるふわ育乳ブラ」を試してみてください(笑)!宣伝っぽくなってしまいますが、着けているだけで補整をしてくれるわけだから、これはもう立派な自分磨きです。自分の胸にぷるんとした谷間ができることによって、他のブラを着けたときも自信を持てるようになりたい!と、バストケアのモチベーションが上がるはず。洋服のラインも見違えるから、姿勢やボディメイクにいっそう関心が持てるようになるかもしれません。美しくなりたい気持ちやパワーは、そうやって連鎖していくんだと思います。
わたしの友人は爪の形がキレイで、みんなに褒められるからネイルサロンでお手入れを始めたんです。そうしたら、手元にもっと自信がもてて今までしなかったような指輪や手元のアクセサリーを楽しむようになり、所作まで美しくなっていきました。磨くことでキレイが育って、意識が変わることを実感させられました。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.28 磨くことは、「ワクワク」が増えること

自分磨きは躍起になってするものではない気がします。自分のペースで、心地よくきれいを目指していけたらいいのかなって。今夜は疲れたから睡眠を優先してスキンケアは簡単に済ませちゃおうとか、お友達との楽しい食事会だから制限をかけずに好きなものを食べちゃおうとか。その方が健全なマインドでいられる気がします。でも、連日サボるようなことはしません。だって、お肌も体も、ベストなコンディションじゃない日が1日でもあることが、わたしにとってはすごくストレスだから。肌荒れするくらいなら毎日ケアをする。太った気がしてカメラの前に自信をもって立てないなら、ジムはサボらないし自己管理を怠らない。自分がいちばん心地いい状態でいられるように無意識に“磨く”選択をしているんだと思います。
わたしはきっと自分に手間をかけるのが好きなんです(笑)。アイテムもメソッドも新しいものがどんどん出てきて、試すのがワクワクするし、今日も「育乳補整ブラ」を着けたら、ぷるふわ谷間の出現に感動したから、いっそう素敵に着けこなせるようにバストケアを頑張りたくなりました!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.27 自分を磨くことができるのは、自分だけ

エステやヘアサロンは、人の手を借りてキレイになれる場所。でもそこへ向かうための行動を起こしているのは自分です。
結局、やるかやらないかは自分次第。「キレイになりたい!」という意識にならない限り、いつまでたっても変わることはできません。何もしていない状態で、自分に自信が持てればそれでいいと思うの。でもこのままじゃイヤで変わりたいと思うのなら、ただ思っているだけではなく、何か行動を起こしてみませんか?いきなり全部をどうにかしようとするのは無謀だから、例えば、ぽっちゃり体型が気になるのなら、“今日”から食生活を少しだけ変えてみる。ストイックじゃなくていい。お菓子を食べたくなったら果物に置き換えるとか、夜の炭水化物をたっぷりの野菜鍋に変えてみるとか、できることから始めてみる。まずは1か月、継続して頑張っているうちに、何かしらの変化を実感できると思うんです。周りの人に「キレイになったね」なんて褒められるようになったら、もっともっと自分を大切にしたくなるし、いっそう磨きをかけたくなりません?そうやって美しさは更新されていくのだと思います。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.26 いつでも自分史上最高の自分でいたい

自らをアップデートするには、自身を客観視することが大切な気がする。周囲の意見やアドバイスを柔軟に聞き入れ、「それもそうかなぁ」と俯瞰で見つめてみる。凝り固まった世界の中では新しい発見や気づきが少なくなってしまう気がする。ブレない軸を大切にしながら、他者の意見に耳を傾けてみるのもいいかもしれません。
ダメ出しや指摘って、大人になるほど素直に受け取れなかったりしますよね。「そんなことない!」って真っ向から否定したくもなる。でも、一度跳ね除けてからでもいい。心に余裕ができたときに言われたことを理解しようと努めてみます。ただ落胆したり、憤るのではなく、「なるほど、わたしには確かにそういうところがあるかもしれない」と成長のきっかけにできたら素敵ですね。お手本になりそうな身近な誰かを思い浮かべてみるのもアリ。偉人やハリウッドセレブみたいな遠い人より、身近な人の方がヒントが見つかりやすいかも。
そうやって日々、少しずつでも磨きをかけて、その時々の最高の状態を更新し続けたいとわたしは思っています。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.25 磨いたら磨いたぶんだけ、輝ける

自信を持てないパーツは磨けば自信がついてくる。好きなパーツは磨くことで、もっともっと好きになれると信じています。
私はそんな風にコンプレックスと付き合ってきましたが「完璧で何も改善したい箇所がない!」と思えた瞬間は一度もありません。「どこかしらにまだまだ好きになれる箇所が必ずある」と、全身くまなくチェックしては探しています(笑)。楽しくてやめられないでしょ〜。磨けば輝けるポテンシャルを誰もが秘めているのです。
大学時代の肌荒れをきっかけに、ニキビや吹き出物に効くとされるあらゆる化粧品を試し、そのうちにお肌を褒められることが増え、なんとなく自分の肌に自信を持てるようになりました。スキンケアの知識が増えたら、同じように悩んでいる誰かに共感し、力になることができました。自分を磨くことで自信がついて、その経験や知識が誰かの為になるだなんて、こんな幸せなことないですよね。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.24 ナイトブラは眠るときの必需品

私のバストにはナイトブラが欠かせません。一度慣れてしまったら、ないと心もとなくて眠れないくらい。もちろん、日中着けるようなブラじゃダメ!就寝時に着けていて違和感がなく、胸のお肉が流れず、呼吸がしやすいことが絶対条件です。そうじゃないと心地よく続きません。今日の撮影で着用したライトピンクの、見た目もやわらかなナイトブラは着け心地がとってもよかったです。程よくフィットして、寝転んでも息苦しくなく、どんな体勢になってもお肉が流れませんでした。
「寝るときにまでブラを着けるなんて苦しくて無理!」と思っている人にこそ、試してみてほしい。ホックがないから着けやすいし、胸をつぶさないからパジャマやルームウエアを着たときにバストがちょこっと盛れるのも嬉しいポイント。デザイン性も高い!ナイトブラって、おばちゃんっぽかったり、スポーティすぎたりで、デザイン面でガッカリすることが多かったけど、これは色もレース使いも可愛くて、彼とのお泊りのときだって着けられそう。
ちなみに、バストクリームなどの保湿成分を包み込んで浸透させる意味合いでもナイトブラはオススメですよ〜。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.23 わたしにとっての「育乳」セオリー

日々のバストケアやマッサージなども美胸には欠かせないと思いますが、毎日正しい位置でブラを着用することがいちばんの「育乳」に繋がるのではないかと思っています。
今回着用した「ぷるふわ育乳補整ブラ」のように、補整力がありながら、着けていて気持ちがいいブラは習慣化しやすく、理想的です。若いうちにこんなブラジャーに出会えたら、美しいぷるふわバストを維持するモチベーションが高まりそう。
反対に、胸に合っていないと感じながらも、なんとなく継続的に着けていたり、間違った着け方をしている人は要注意。サイズが変わっていないからといって何年も同じサイズ、同じ形のブラを着け続けている人も、今の自分に合うものを探してみませんか?見た目のサイズが変わっていなくても、肉質は確実に変化します。10年選手の年季の入ったブラをお持ちの方は、測りなおしをして新調することをおすすめします。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.22 「ぷるふわ」おっぱいが叶うブラ

今回着用した「ぷるふわ育乳補整ブラ」は、その名の通り「ぷるふわ」なおっぱいが叶う機能的かつ見た目も可愛いブラなんです。
「補整」と聞くと、締め付けられるのかな?着けるのが面倒なのかな?など、ネガティブな印象が先行してしまうけど、実際は普通のブラと同じように簡単に着けられて、着け心地もとっても軽やか。お肌にぴたっと密着するからどんな動きにも対応してくれます。撮影で様々なポージングをしましたが、ズレることなく、快適で、安心感がありました。
締め付け感がないのに、アンダーからワキ、背中にかけてのバストの「土台」の補整力が抜群で、特にワキ肉をバストへググっと持っていってくれるメイク力は他のものとは全然違います!
ただ、このブラの特性を生かすためには「バージスライン®」に合わせて着用することを忘れずに!それさえできていれば、あとはブラにお任せ。見事なぷるふわバストが叶います。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.21 ブラのフィッティングの要は
「バージスライン®」

ブラを着けるときは鏡を見ながらバージスライン®(※バストと体の土台の境目、バストの輪郭にあたるラインのこと)に沿ってワイヤーが正しい位置にあることを確認します。バストが下がってみえる人のほとんどがバージスライン®を意識できていないのかも。私も正しい位置を知り、フィッターさんに着けていただいたらバストがグンと上がって、見た目の印象がかなり若返りました。
バージスライン®がわからないという方は、ピーチ・ジョンのWEBサイトなどでチェックして、全身鏡をみながらご自身で確認してみてくださいね。
大きいお胸さんはバージスライン®が埋もれて、本来あるべきポジションより下に着けてしまいがち。小ぶりなお胸さんは気付いたらブラが上がってきて下乳がはみ出てしまうなんていうことも。バージスライン®が分かったら、手をスコップのように使ってブラのカップにお胸やお肉をガバッと入れこみます。バストトップがツンと上向き、理想的な形になるはずです。
トップが出てしまったり、肉漏れしてしまう場合はサイズを測り直してみるといいかもしれません。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.20 小さな理想の積み重ね

自分を好きになるために自分を知ろう、と言われても「どうしたらいいの?」と、戸惑ってしまうかもしれません。まずは、なりたい理想像を見つけてみてはどうでしょう。好きなモデルさん、女優さん、職場の先輩だっていい。他人の「素敵だな」と思えるところをちょっとずつ取り入れていくうちに自分を知ることができると思います。仕草や言葉遣い、メイクや身に着けるものひとつひとつに興味を持てるようになると「自分のこういうところが好きじゃないからこうなりたい」など、具体的な課題が見つかるはずです。反対に長所に気が付くこともできると思う。最初はね、小さなまねっこでいいと思うんです。その積み重ねをするうちに、きっと自分らしさに出合って、もっと自分を好きになる。そうなれたら素敵ですよね。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.19 自己評価は低め

一昨年の末に出版された写真集『Sincerely yours...』をたくさんの方が手に取ってくれて、メディアにも多く取り上げていただいたおかげで、昨年は様々な賞を頂戴することが出来ました。私個人が評価されたわけでも、受賞したわけでもなくて、あくまで写真集の代表者として登壇させてもらったという気持ちだったから、みんなの想いを背負ってステージに立っていました。素晴らしいチームに恵まれて、皆さんのおかげであんな素晴らしい景色を見させてもらえました。一生頭が上がりません。これから仕事を通して恩返しをしていきたいと思っています。
この1年ピーチ・ジョンのミューズという役割を担ったからには、自分が可愛く見えればいいなんていう発想は毛頭なく、ピーチ・ジョンをより多くの人たちに手に取ってもらえるように、愛してもらえるように、微力ながらお手伝いができれば嬉しいなと思っています。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.18 ネガティブワードが浮かんだら6秒カウント

誰かに対してイラっとしたときは、言葉に出す前に深呼吸をして6秒カウントするようにしています。欧米では当たり前のように知られている“アンガーマネジメント”です。一度吐き出した言葉はなかったことにはできません。勢い任せに発したひと言が相手の心を切り裂き、10年20年癒えない深い傷になることも。6秒じっと待ってみたら「言わないでおくか」とスッと怒りが引いたり、別の伝え方を考えることもできると思います。伝え方って難しいし、受け止める方もまた努力が必要なんだと思う。たとえネガティブな感情をむき出しにされたとしても、そうまでして何かを伝えようとしてくれるその人は貴重な存在だと私は思う(内容にもよりますが)。大人になると、嫌な人になりたくないから何も言わずに離れていってしまうじゃない?

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.17 自分に飽きたらおわり!
トライ&エラーを繰り返して

「自分に飽きたらおわり」がモットーです。スキンケアもボディケアも、生き方そのものも飽きてくるとゾンザイになる。毎日ワクワクしていたいから“ルーティーン”みたいなものは作りません。そのとき肌が求めているもの、からだが欲しているものに敏感でありたいと考えています。同じヒップのトレーニングでも、アプローチ法は様々だからひとつのやり方に固執しません。楽な方に逃げることもしないけど、ツライ、しんどいって憂鬱になるようなハードなものは心身に余裕があるときだけに止めるとかね。何が自分に合うかなんて、人に聞いたって分からない。トライ&エラーを繰り返すうちに、気付いたときにはおばあちゃんになっていたい!(笑)

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.16 ボディメイクに終わりはない

100%満足のいくカラダになれた実感は今のところ一度もありません。いくつになっても、まだまだ伸びしろがあると信じて邁進したいから完璧を求めていないのかもしれません。もちろん、年齢や媒体に合わせてそのときどきの最高の状態は目指しています。
そうそう、今回の撮影に向けて新しいトレーニングをとり入れたんです!ミューズという大役を仰せつかったからには、みなさんが見慣れてしまったり、見飽きてしまってはつまらない。ピーチ・ジョンのスタッフさんが現状に満足することなく常に新しく素晴らしい商品を生み出しているので、私もそれらを着こなせるよう、ビジュアルごとに進化したカラダづくりをしていければと思っています。
現在は、どう動いていても、どこから撮られても美しいフォルムのしなやかなカラダを目指してトレーニング中。次のビジュアルも楽しみにしていてくださいね!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.15 体重計とはオサラバしました

体重を知るのは整体院の体組成計に乗るときだけ。おうちには3年くらい前から体重計を置かなくなりました。以前は身体測定の前に1gでも体重を減らそうとダイエットに躍起になっていたこともありますが、30代になってからは数字に踊らされるのをやめました。たとえ体重が増えていても、ボディラインが美しければそれでいいじゃないって。
体重を減らそうと思えば、断食をしたり、半身浴やサウナでダラダラ汗を流せばすぐに結果は出ます。でもそれは単に体内の水分量が激減してカラッカラの状態になっているだけ。肌のハリやツヤも失われてしぼんだカラダを私はちっとも魅力的だとは思いません。だから、自分に合った食生活、スキンケアやボディケア、十分な睡眠を心掛けて心身ともに瑞々しく生き生きとした印象でありたいです。体重の変動に一喜一憂するのはもうやめよう。体重はあくまで目安。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.14 ハダカチェックを日課に

体型が大きく崩れないのは、毎日のハダカチェックを欠かさないからかもしれません。朝、着替えるときや、お風呂の前後には必ずチェーック!小さな鏡台やお風呂の曇った鏡ではなく、玄関の姿見に映してじっとみます。これ、ひとり暮らしだからできることかもしれませんね(笑)。お肌も不調のサインをキャッチできたら大きく荒れる前に対策ができますよね。カラダもそう。「お、今日はなんだかモタついてる」って気づいたら、原因を即究明。前の晩の揚げ物?睡眠不足?それとも最近ロケ弁が続いているから?などの推測ができて対処もできる。そうすれば、「ヤバい!5キロ太っちゃった!」なんてことにはなり得ないはずなのです。
ちなみに朝のハダカチェックはブラジャーを着けるとき。姿見の前に立ってバストが正しい位置にあるかを確認しながら丁寧に。毎日のことだからとパパっと適当に着けてしまわずに、鏡を見ながらカップにきちんとバストを収め、横を向いてバストトップ位置を確認、調整するといつもと同じブラなのに見違えます!明日の朝から是非実践してみてください。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.13 客観的な意見を取り入れる

洋服の種類やアイシャドウの色味ってついつい同じ系統の物ばかり選んでしまいませんか?私は比較的保守的なほうで、気に入った形の洋服を色違いで購入したり迷ったら無難な方を選択してしまいがち。シャドウなんて似たようなベージュ系ばっかり幾つも持っています。ところが、周囲が「似合う」と言ってくれたものに素直に挑戦するようになってからは日常にワクワクが増えました。総とっかえなんてしなくていいの。「似合うと思うよ」のひと言を全否定せず、「そうなの?」ってトライする気持ちが大事です。そうしてクローゼットの中に何点か投入した難易度高めなアイテムに私はドキドキしているし、メイクボックスの中に忍ばせている今季の鮮やかなアイシャドウパレットに胸を高鳴らせています。好きなものばかり、安心するものばかりじゃなくて、たまには冒険してみると発見があって楽しいです。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.12 柔軟にしなやかに、自分に制限をかけない

「自分はこう!」「こういうものしか似合わない」って自ら決めつけていませんか?
振り返れば20代の頃の私は、他者の意見に耳を貸さず我が道を貫いていたように思います。今は、随分聞く耳を持てるようになりました(笑)!プロのメイクさんやスタイリストさんが私に似合うと思って提供してくれたものがイメージとは違っていても、信じて試してみるとハッとするような新しい自分に出会えたりして、メイクもファッションもグンと幅が広がって楽しくなりました。
流行の肌色診断や骨格診断も、何をどう選んでいいのかがさっぱりわからない!という方にとっては一つの目安になるかもしれないけど、「イエベだからブルべ向きの色は避けなきゃ」などと縛られるようだったら知らなくていい。変に選択肢を狭めず、自分が身に着けたい色、気に入ったシルエットの洋服を存分に楽しんで欲しいです。
自分に制限をかけているのは案外自分だったりして。いつもは選ばないランジェリーを身に着けてワクワクしてみませんか。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.11 「向き合う」のではなく、自分をよく知る

自分を知ることはとても大切だと思うんです。嫌な部分から目を背けずにまずは見てあげて、それからどうするか、どうしたいかを考えてみませんか。
「向き合う」というと、途端にシビアに聞こえてしまうかもしれないから、もっともっと自分を好きになれるようにアップグレードできるところを探してみようくらいの感覚で。
朝、鏡を見てファンデーションを塗っていない状態のお肌に自信を持てないのなら、スキンケアを見直してみませんか?やってみたいメイクがあるのに肌がコンプレックスで挑戦できないのは悲しいもんね。お洋服もそう。本当はオシャレを楽しみたいのに、体型に自信が持てず隠すようなものばかりを選んでいては次第に心が満たされなくなるかもしれません。コンプレックスだと感じている部分に何かしらのアプローチをすることで、気がついたら好きなパーツに変わっていたなんていうことも!自分のことは自分が一番よく知っています。まずは、知ろうとしてあげましょう。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.10 ランジェリーで自分を好きになる

他の誰のためでもない、自分のためのランジェリーを身に着けて、もっともっと自分のカラダを好きになってもらえたら嬉しいです。
大きかったり小さかったり、カタチだって人それぞれで、悩みがない人なんてきっといない。ブラジャーを着けることでほんの少しでもお悩みから解放されて、自信が持てるようになれば、今より自分を好きになれる気がするんです。下着を通してカラダを知り、カラダを愛することができたら、笑顔で過ごす時間が増えそうです!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.9 自分のカラダに関心をもってほしい

今日は撮影で沢山のブラジャーを着けさせてもらって、改めてブラひとつで胸の見え方、身に着けているときの気分がこんなにも変わるんだ!ということに気付かされました。この喜びと感動を、みなさんと共有したい!
日頃、決まったブラジャーを愛用している方も、体の変化に合わせてあらゆるものに挑戦してみてもいいかもしれません。サイズが変わっていなくても、肉質やお悩みは年齢と共に変わってくるものです。今の自分のカラダに関心をもって、寄り添ってくれる下着選びができたらいいなと私は常々思っています。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.8 ランジェリーで、ファッションはもっと楽しくなる

今日の撮影で知った『スマートブラ』もお胸の形がきれいにみえてすごく好き!着用したネイビーは肌の透明感を引き出してくれる絶妙な色味に一目惚れです。後ろのホックのところにまでデザインが施されてるラグジュアリーでオトナな雰囲気は色違いで集めたくなるほど。何より嬉しいのが、着けたときにわき肉がグッと入って、ラインがスッキリするところ。
私のランジェリー選びの基準のひとつは、上に着る洋服の見え方です。正しい位置で上向きになっているバストは若々しく、シルエットも美しいから。バストの見え方を意識した下着選びをすることで、ファッションを、もっともっと楽しみたいです。ショーツも、タイトなスカートやパンツを履く時はソングを着用。ピーチ・ジョンのソングは使いやすくて、ジムで体を動かすときにも愛用しています!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.7 「ミラクルブラ」は、おっぱいが
まあるく可愛くなる!

撮影では、新商品の「ミラクルブラ」のほか、人気の商品を着用したのですが、どれも着け心地がとってもよかったです!デザインの美しさはもちろんのこと、締め付け感なくバストを包み込んでくれる心地よさにうっとり。最近「苦しい」「キツイ」などの理由でブラをしない人が周りに増えているので、是非ピーチ・ジョンのランジェリーを試してみてほしいです。特に「ミラクルブラ」は、大人女子にも満足してもらえるような品のよいレース使いと、おっぱいをまあるく可愛くみせてくれる機能性を兼ね備えているので、同世代の友人にお勧めしたいと思っています。3色どれも可愛いけど素肌に映える「オフホワイトGR」が一番のお気に入り。胸のかたちが整うと、洋服の見え方まで変わるんです!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.6 おっぱいは、可愛がっただけ可愛くなる

小さくみえるように潰そう、隠そうとしていたころのおっぱいは、哀しく、醜かったと思います。「あなたなんてヤダ」「あなたさえなければ洋服をカッコよく着られるのに」って負の感情ばかり抱いていたんです。可哀想に。
だから、ここ何年かは、あの頃いためつけていたバストを労わるように、大事に大事に育み、愛でています。そうしたらね、おっぱいがみるみる可愛くなってきたの。それまでイヤで見ないようにしていたから、見慣れてきたというのもあるかもしれないけど、本当に可愛く、いとおしい。それってサイズや形は関係なくて、本質的には何も変わっていないのかもしれなくて、でも自信が持てるようになりました。自分のバストが嫌いだと思っている人こそ、一度めいっぱい可愛がってみてください。きっと応えてくれるはずだから。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.5 名言「おっぱいまでが顔」の意味

「おっぱいまでが顔」と、発言したことを度々話題にしていただくのですが、その真意は、「お顔と同じように大切に扱っている」ということなんです。私はスキンケアをする際に、お顔の延長で首、デコルテ、胸まで同じように化粧水でたっぷりうるおし、美容液、乳液、クリーム、と重ねます。これが習慣になれば、気付いたときにはバストがふっくら!驚くほど質感がよくなります。サイズや形を変えるのは難しいけど、質感は変えられる。自分のバストをずっと好きでいたいから、お手入れは怠らない。ケアをしながら愛でてあげるといっそう美しいバストになれると信じています。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.4 キライだった胸を、大事に育てるようになって

以前は大きいのがコンプレックスで、下着で小さく見せる事ばかり考えていました。それが、雑誌『anan』の美乳特集の表紙に選んでいただいたのをきっかけに、大嫌いだった自分の胸をほんの少し好きになることができました。同じように大きさで悩んでいる女性、小さいことを恥ずかしいと思う女性、バストに悩みを抱える多くの人に共感してもらって、勇気が出ました。それからは、持って生まれた自分の胸を大切にしてあげなければと思い直し、無理に潰すのをやめて、お胸が気持ちよ〜くほわっとまあるい形でいられるような、自分に合ったブラジャーを探し始めました。サイズがぴったり合ったブラで、トップ位置が高く見えれば、お洋服のラインが格段に美しく見えることにも気が付いて、今は下着選びが最高に楽しい!

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.3 自分の気分を上げるための大切なツール

持っている下着の数は、少なく見積もっても30着以上。お仕事に必須のベージュ系、黒、他にもピンクや水色、ミントなど、気分が上がる鮮やかなカラーはマストでスタンバイ。以前は、ブラのカップサイズが大きすぎて可愛く見えないことに落ち込むこともありましたが、誰かに見せるためのものではない!持って生まれたものは変えられないから、受け容れて、大切にしようと思ったんです。それからは下着選びが楽しくなりました。どんなものが着痩せするのか、スタイルがよくみえるのか、日々トライ&エラーを重ねています。自分がご機嫌でいられるのが一番です。男性目線で下着を選ぶことも、もうありませんね(笑)。着けていていかに心地いいか、テンションが上がるかでランジェリーを選ぶ女性が増えているんじゃないかな

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.2 ランジェリーが似合うカラダ作り

メインビジュアルの撮影の1ヶ月ほど前から、食事やトレーニングを細かく調整し、下着を美しく身に着けられるような体づくりに努めました。やせ細ってげっそりした顔や体では、ランジェリーの魅力を十分にお伝えできないと思ったんです。丸みを帯びたバストやヒップ、腰上あたりのお肉はほんのちょっとつまめる程度に残して、ふわっ、もちっとした質感にこだわりました。ジャイロトニックでしなやかなボディラインをつくって、脚、おしり周りは地味〜なトレーニングをコツコツと。顔〜デコルテはある程度ふっくら感を出したかったので食事はしっかり摂りつつ、でもお腹まわりがモタつかない消化にいいものを心がけました。大好きなお米はおかゆにして、タンパク質はお魚、大豆で。今日のカラダに点数をつけるとしたら?うーん、95点!伸びしろは残しておきたい!ただ、今年(※撮影日は2020年10月末)いちばんいい状態であることは確かです。

田中みな実♡インタビュー連載

Vol.1 ピーチ・ジョンの「ミューズ」という存在

ピーチ・ジョンの広告は、学生の頃から誌面や街中の看板など、あらゆる場所で目にしてきて、ファッショナブルでキュートなビジュアルに度々女心をくすぐられてきました。そんなブランドのミューズに選んでいただき、大変感慨深い思いです。同時にプレッシャーも感じています。「ピーチ・ジョンのミューズ」には、その時代が求める理想の女性像みたいなものが投影されている気がして、そんな大役が自分に務まるのか、皆さんのピーチ・ジョンのイメージを損なわないか・・・発表まではとにかく不安でいっぱいで。でも、せっかく選んでいただいたからには、ピーチ・ジョンのブランドの魅力を最大限お伝えできるよう、尽力できればと思います。

Profile

田中みな実

1986年11月23日生まれ。フリーアナウンサー、女優など幅広く活躍。2019年に発売した初の写真集は、60万部を超える大ヒット。彼女が紹介する美容アイテムは常に話題となり「みな実買い」現象が起こるほど。2020年は「今年の顔」(日経トレンド)、「第49回ベストドレッサー賞<芸能部門>」、「VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2020」の「最も美しい人」などに選出。女性が今最も憧れる存在として注目を集める。

もっとわたしを好きになるPROJECT♡もっとわたしを好きになるPROJECT♡

Step2 自分を磨く

前シーズンから始まった、
「もっとわたしを好きになるPROJECT」。
Step1の「自分を知る」を経て、今シーズン、
ピーチ・ジョンが掲げるテーマは「Step2 自分を磨く♡」です。
毎日に“自分を磨く”ほんの少しのステップを取り入れて
それぞれに、自分らしさを愛せるよう、願っています。

Special Message from Minami

「“ 自分磨き”ってたぶん、キツイと続かないと思うんですよね。
だから、日常の習慣に取り入れられるもので、
“ 自分磨き”ができて、キレイになったっていう実感を
自分が得ることができたら、最高だなと思います。」

#田中みな実🍑PEACH JOHN

ピーチ・ジョンでしか見られないみな実さんのビジュアルや
オフショットを公式Instagramで更新中。

#田中みな実🍑PEACHJOHNで検索してね!
and more
instagram twitter facebook line