PEACH JOHN社員に聞きました!
「ブラの収納&お手入れってどうしているの?」

繊細なレース、ワイヤーやホックなどの細かなパーツ、機能性のある素材など、ブラはとってもとってもデリケート。二つ折りにして収納すると型崩れが気になったり、そのまま収納するとかさばったり…。洗濯は本当に手洗いじゃないとダメなの?などなど、ブラの収納&お手入れにまつわる疑問は尽きません!そこで日頃からブラに接する機会が多い、PEACH JOHN社員にアンケートを行い、「みんなはどうしているのか?」という疑問にお答えします!


・たたまずに、前後のブラとカップを合わせて並べるように収納しています。
・カップがつぶれないように重ねて入れています。お店と同じ方法です。
・ホックを留めて、たたまずにブラだけをカラー毎に並べてランジェリーを収納する箱に収納しています。パンティは別に収納しています。
・たたまずブラだけを手前から奥に重ねて、チェストの引き出しに収納しています。
・日常よく使うブラはクローゼットの取り出しやすいところに、ランジェリーを収納する箱に詰めて重ねて収納。その他のブラ(ストラップレス・ブラレットなど)はブラ専用の引き出しに入れています。

一番多かった意見は、「たたまずに、重ねる」。たたみ方を間違えると、ワイヤーが曲がったり、カップの形が崩れてしまいます。ブラはかさばりやすいものなので、ついぎゅぎゅっと何枚も重ねて収納したくなるところですが、カップやワイヤーが変形する原因になるため、ゆとりをもって重ねることをおすすめします。

【正しいたたみ方と収納方法】

正しいたたみ方をマスターしてランジェリーの型崩れを防止し、ゆったりとしたスペースに収納しましょう。また、社員の回答にもあった、ランジェリーを収納する箱のような仕切りがあれば、詰め込み過ぎを予防できるので、活用するのもおすすめです。


1.ブラジャーのホックをとめて形を整えます。


2.ストラップをカップの中に折り込みます。


3.カップをつぶさないように収納しましょう。

Q2 旅行など持ち運びの際にはどうやって収納していますか?

・ブラカップがつぶれないよう半分に折ってカップを片方にまとめ、その中にパンティを入れつぶれないようにします。
・ランジェリー専用のポーチで持ち運び、ブラは数枚重ねて型崩れがしないように収納しています。パンティはブラのカップ裏側に重ねて入れています。
・ノンパデットのブラはかさばらないので選んでいます。もしくは、型崩れしにくいノンワイヤーをコンパクトに丸めて持っていきます。
・ランジェリーケースに収納して持ち運びます。小さい洗濯用ネットを一緒に持っていくのはおすすめです! (使用後のブラは洗濯用ネットに入れて、帰ってきたらそのまま洗濯機にポイできます!)
・お洋服にあわせてパッド付きキャミ、パッド付きチューブを持っていきます。ミラクルヌーディは丸められて、スーツケースの場所を取らないので必ず入れています。

カップにパンティを入れてつぶれないようにしたり、洗濯用ネットに入れたりとさまざまな工夫をしている人も。一番多かったのが、折りたたんでも型崩れしにくいノンワイヤーブラを持っていく人。「ミラクルヌーディ(R)ブラ」はぐにゃぐにゃ曲がるグミワイヤーなので、コンパクトに収納できると大評判。切りっぱなしのレースに、種類豊富なカラーバリエーションがあるので、是非チェックしてみてくださいね。

Q3 洗濯するときのケア方法は?

・洗濯用ネットに入れて洗います。
・洗濯用ネットに入れて洗濯機の普通モードで洗います。
・洗濯用ネットに入れて洗濯機で普通に回しています。
・商品のケアレーベルに書いてある通り、手洗いが良いのは分かっていますが、洗濯用ネットに2,3枚重ねて入れて洗濯機で洗っています。でもレースが繊細なものは他のものと擦れないように個別で洗濯用ネットに入れます。
・洗濯用ネットに入れて洗濯機で洗っています。デリケートな素材の商品はお風呂に入るときに手洗いしています。

・アンケート結果は「洗濯用ネットに入れ、洗濯機で洗っている人」が大半。本来は下着を長持ちさせるためにも手洗いが理想的なのは分かっているけれども、時間が無いので洗濯機で洗ってしまっているという結果となりました。とはいえ、最近は洗濯機可能なアイテムも増えているので、洗濯機可能なアイテムは洗濯機で、それ以外は手洗いと使い分するように心がけてみてください。洗濯の仕方にもコツがあるので、それぞれの正しい洗い方をご紹介します。

【正しい洗濯方法】

「手洗い」

1.下着専用洗剤と溶かした水またはぬるま湯の中で、押し洗いか振り洗いします。ゴシゴシ洗うと生地が傷ついてしまいます。洗剤は表示されている使用量を守りましょう。

2.水を取り替えて、すすぎ洗いは十分に行いましょう。洗剤が残っていると黄ばみの原因になります。

3.軽く振って水を切ったら、広げたタオルにはさんでタオルドライを。脱水機の場合は必ず洗濯用ネットに入れ、20〜30秒でOK。

「洗濯機」

1.ブラのホックをとめ、同系色ごとに洗濯用ネットに入れます。色移りしそうなものは別にしましょう。

2.下着専用洗剤を入れ、手洗いコースで約3〜5分間回し、すすぎも同様に。脱水は20〜30秒でOK。全自動の場合はソフト洗いやランジェリーコースに設定しましょう。

「乾燥」

手洗い・洗濯機ともに乾燥機はNG。洗い終わったらすぐにカップの形を整えます。逆さにしてカップの下部を挟んで干します。


・好きなシリーズの新作が出たタイミングで買っています。色がくすんできた、肩ひもやサイドベルトが緩いと感じ、ズレが気になり始めたら、買い替えます。
・年始には新しい下着を身に着けると運気が上がると聞いたので、年末に買っています。そのタイミングにちょうどブラリサイクルキャンペーンがあるので、古い下着は袋に入れてお店に持っていっています。
・買い足しばかりです。気に入ったのがあれば随時購入します。買え替える時は、アンダーやストラップが緩くなったり、カップの型が崩れたときです。
・ワイヤーの飛び出しや型崩れが起こる前に、レースの毛玉が目立ってきた時に買い替えます。
・シーズンごと、年始などのイベント時期、新しいものを買ったら古いものは捨てます。

使用頻度や持っている枚数に個人差はありますが、年に3〜4回買い替えている人や、気に入ったものがでたら買い足す人も。年末年始や年度末などの節目に買い替えたり、シーズンごとに新作をチェックして気分をリフレッシュさせるのもおすすめです。

またブラを買い替えるには以下のような目途を参考にするのもひとつです。
ワイヤーが変形している。
ストラップが伸びてずれ落ちる。
カップやサイドベルトにシワや傷みが見られる。
サイズが合わなくなってきた。

まとめ

収納やお手入れの方法はひとそれぞれ。せっかくなら、デリケートなブラを型崩れなく、美しい状態を保つために、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。