ピーチ・ジョン新オフィスが「2019年度グッドデザイン賞」を受賞!

ピーチ・ジョン新オフィスが「2019年度グッドデザイン賞」を受賞!95%が女性社員の会社で働きやすさを追求したデザインに。



2018年11月に移転した東京本社の新オフィスにて、「2019年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会、カテゴリー:産業のための建築・空間01‐04衣料品)を受賞しました。



デザインのポイント:
1.フリーアドレスの導入に伴う多様なワーキングスペースのデザイン。社内コミュニケーションの活性化。
2.社員の95%が女性であり、カフェやキッチンダイニングを設けて社内での食事や休憩環境を重視。
3.1階は外部に向けた見せる空間。地下1階は社員のコミュニケーションワークスペース。










グッドデザイン賞 評価ポイント
グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
女性向け下着通信販売会社のオフィス。建築の中でもとりわけオフィスのデザインは、男性的なデザインが大半を占めている。女性の社会進出がこれだけ当たり前になった現在では異様な状況だといっていい。PEACH JOHN officeはデザイナーが女性だということもあり、2本の柱で丸くスペースを囲い込み、床と天井の仕上げを変えることで小屋のようなスペースが生まれ、殺風景になりがちなオフィス内部は柔らかく、温かみのある空間となっている。


グッドデザイン賞とは
1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/